実印・印鑑の素材一覧

白檀素材の相場から最安値の実印・印鑑ショップを探す

更新日:

白檀

古来より、高級木材として扱われてきた白蓮は、加熱処理をしなくても上品に香る香木のひとつです。
爽やかで甘い香りが最大の特徴で、捺印をするたびに香ってくれるところが人気の秘密のようです。
古くから仏像や仏教儀式、数珠や扇の骨などに使用されてきた白蓮は、印材としても大変喜ばれる素材となっているそうです。

印材としては近年稀少価値が上がってきており、原産地のインドやインドネシア、オーストラリアなど太平洋諸島に多く分布している割には、人工栽培が難しいと言われています。
周囲に植物が無いと育たないという一面を持ち、そのためにインド政府からは伐採制限や、輸出規制がかけられることもあるそうです。

そう言った意味では木材の印材の中では高価な部類となりますが、白檀の香りの虜になってしまった人からしてみれば、お金には変えられない魅力と価値があると言えます。
他の木材の印材の倍程度の価格となることもありますが、大変高貴な香りを一度は手にしてみたいものです。

天然植物系印材であるため、メンテナンス面では直射日光や急激な湿度の変化には注意が必要だと言われています。
長年使っていると、朱肉が染み込み、枠などの部分がもろくなりやすいため、こまめにメンテナンスする事が良いでしょう。<

白檀の特徴

上品な甘い香り

白檀はインド原産の樹木で、爽やかな甘い香りがすることから昔から香木として利用されてきました。お香のように火を使わなくても木自体から強い香りが出ています。インドではサンダルウッドと呼ばれていて、仏教とも関係が深く仏像や数珠などの仏具にも使われています。仏教がインドから中国に伝わり、さらに日本に伝わるのと共に白檀を使った仏具も伝わってきて、日本でも知られるようになりました。
上品な香りがすることから印鑑の素材としても人気があり、印鑑ケースを開けて印鑑を使うたびに甘い香りを楽しむことができます。お寺では白檀に香りがする線香を使っていることが多いので、お寺の周辺で体験できる香りと言うと分かりやすいかもしれません。白檀の香りには心を落ち着かせる作用があるので、緊張状態やストレスを感じている時に嗅ぐとリラックスできます。重要な契約など緊張してしまう状況で使う印鑑の素材として、白檀が適していることの一つの理由です。 

耐久性が高い

白檀はインドだけでなくインドネシアなどの東南アジア、ハワイやオーストラリアなどでも生産されています。人気があるので需要は高いにもかかわらず、人工的に育てることが難しい樹木であるため量産ができずに希少性が高くなっています。
同じ白檀といっても産地によって香りの強さは大きく異なります。インドの中でもマイソール地方の白檀は香りが非常に強いので、人気が高く最上級品とされています。マイソール産の白檀は特別に老山白檀と呼ばれています。反対にハワイやオーストラリアなどの太平洋地域産の白檀は香りが少ないとされています。香りの強さは老山白檀、他のインド産、インドネシア産、他の東南アジア産、太平洋地域産の順番になっていて、希少性もこれに比例しています。現在ではインドで伐採の制限や輸出規制がされているためインド産の白檀は特に手に入りづらくなっています。白檀の印鑑を購入する際は産地を確認しておくことをおすすめします。 

希少性と値段の高さ

昔から仏像や仏具に使われてきたことが証明するように白檀には高い耐久性があります。緻密性の高い構造で硬いため落下や衝撃に強く長持ちします。木材で作られている印鑑の中ではトップクラスの耐久性を誇っています。実印は一度作れば一生使用するものなので、耐久性の高さは印鑑の重要な要素です。
白檀の香りにはリラックス効果だけでなく防虫効果もあるため、木材の大敵である虫食いも防ぐことができます。木材であれば虫食いのリスクは必ずありますが、そのリスクを低くすることができます。正倉院に保管されている宝物を守るため、白檀が防虫剤として使われていたほど効果があります。白檀を蒸留して作られる白檀オイルにはサンタロールという成分が含まれていて、殺菌効果があるため医薬品にも利用されています。
長く使うことができるので、使えば使うほど味が出てきて朱肉の色が溶け込んで深みも増してきます。古い仏像などに見られる独特の質感を楽しむことができます。

虎目石のメリット・デメリット

メリット

白檀の最大のメリットはその上品な香りです。他の印鑑の素材にはない大きな特徴です。印鑑を使用する度に香りを楽しむことができるので印鑑を押すのが楽しみになります。単純に香りが楽しめるだけでなく、リラックス効果という実用的な効果も得ることができます。
希少性の高さから高価であるため、持っていることがステータスにもなります。誰もが持つことができる印鑑ではありません。特に実印は重要な契約の際に使うものですからその素材にはこだわりたいところです。あまり安価な実印を使っていると信用度も低くなってしまいます。
耐久性も高いので一生付き合っていけるのもメリットです。長く使っていれば味や深みと共に愛着も出てきます。日本への輸入量が減ってきていて、価格も上がってきていているので早目に入手しておくことをおすすめします。

デメリット

白檀の魅力は香りですがいつまでも同じ強さの香りを放ち続けるわけではなく、時間が経つと共に香りは徐々に薄れていってしまいます。白檀の産地や個体によって香りがする期間は変わりますが、いずれは香りがなくなるということを頭に入れておかなくてはなりません。香りを長持ちさせるためには、印鑑を使ったらそのまま放置するのではなく、印鑑ケースに収納することが大切です。
白檀は木材の中では耐久性がありますが、金属製の印鑑と比べると取扱に注意が必要です。高い所から落としたり、硬いものにぶつけるなど強い衝撃を加えないように注意しなくてはなりません。朱肉が含んでいる油脂によってダメージを受けやすいので、使用後には柔らかい布などで朱肉を丁寧にふき取るこまめなメンテナンスが必要です。
希少性が高いため決して安い買い物ではないので、商品と価格が釣り合っているか検討することも大切です。

白檀はこんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 上品な印象を与えたい人
  • 緊張感のある契約が多い人
  • ステータスを感じたい人
印鑑君
白檀は甘い香りがするため、印鑑を使った時に周囲の人に上品な印象を与えることができます。その香りにはリラックス効果もあるので、重要な契約書に印鑑を押す時の緊張感も和らげてくれます。白檀の印鑑を所有しているというステータスを自分で感じたり、人に感じさせることもできるので、社会的な地位の高い方にもおすすめです。

白檀素材が一番安いハンコ屋さんはここ!!

大きさハンコマンInkans.comハンコヤドットコム

13.5mm

×

7,280円

9,300円

15.0mm

9,460円

7,580円

10,400円

16.5mm

10,820円

7,980円

11,500円

18.0mm

12,160円

8,280円

12,600円


印鑑君
白檀素材が安いショップはインカンズ

白檀素材の総評

印鑑君
白檀素材はその手作り感や趣きが評価されています。ただし朱肉が馴染んでくる、匂いが良い、という最大のメリットをデメリットとして捉える方も多いようですね。個人の好みは分かれそうですが、それでも白檀にしかない味や趣きは確かでしょう。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 【2018年】印鑑・実印おすすめネット通販サイトランキング , 2018 All Rights Reserved.