実印Q&A

実印の選び方サイズ・素材・目的から実印を選ぶ!

投稿日:

印鑑のサイズですがハンコサイズに選び方は用途によっても違いますので、これから印鑑を作ろうと思っている人はサイズを用途に合わせて選ぶといいでしょう。しかし用途によって選ぶといっても自分の手に収まらないサイズの印鑑は使い勝手が悪いので収まるサイズを選ぶのも重要です。

印鑑のサイズにはどんな種類があるのか確認する前に、印鑑のサイズはどこの部分の大きさのことを言うのか考えましょう。印面の直径のことが印鑑のサイズのこととなります。

印鑑は使う目的や用途によって書体やサイズを変えます。

オススメのサイズは?

それぞれのサイズというのは人それぞれ好みによっても違いがありますが印材と同じで印鑑がその人の判断材料になることも日本ではありますので、実印は、太くて重いものを選んだほうがいいでしょう。

そのため実印は男性なら18mm、女性なら15mmが適当とされています。

長さに関しては6mmが基本です。直径は10.5mmから18mmまで一般的にはあり、男女でサイズが違っています。

女性におすすめの実印・印鑑のサイズ

男性にオススメのサイズ

男性が持つ場合認印なら12mmまたは13.5mmが適当です。銀行員なら13.5mmから15mm、実印は15mmから18mmが適当です。

女性にオススメのサイズ

そして女性に関しては認印なら10.5mmから12mm、銀行印は12mmから15mm、実印は13.5mmから16.5mmと、若干男性と比べるとサイズが小さくなっているのがわかります。

フルネームを作る場合

実印を選ぶ際、フルネームで陰影を作るなら実印は大きめにしたほうがいいでしょう。16.5mmは大きくて重いイメージがあるので一般的によく選ばれますが女性の場合は、一回り小さくして13.5mmを選ぶ人が一般的には多いでしょう。

文字を何文字入れるのかによってもサイズが違ってきます。

2行にして名前が3文字から4文字入る場合には16.5mmまたは16mmがいいでしょう。苗字だけであれば13.5mmでも15mmでも可能です。

銀行印のサイズは?

銀行印は、手のひらに収まるサイズがいいので男性なら13.5mm、女性は12mmが一番選ばれています。

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.