実印Q&A

ハンコに使用する書体の種類

投稿日:

印鑑にはさまざまな書体があります。印鑑書体といわれているのですが、どれを選べばいいのかわからない人も多いでしょう。選び方としては用途によって選ぶのが一般的です。

出来上がった印鑑の陰影というのは自分だけのもので、印鑑はとても重要な意味を日本ではまだ持っていますので、自分の気に入るデザインの印鑑を作るのがいいでしょう。個人用印鑑書体の種類は1つではありません。

篆書体

実印として印鑑を作る際に向いているのが篆書体という書体です。この書体は一番身近な書体といってもいいのですが、どこで見ているのかといえば、日本銀行が発行しているお札の書体でもあるのです。

篆書体の特徴は偽造しにくい書体。

なので個人の実印にぴったり書体と言えるでしょう。

また日本で一番古い印鑑といわれている国宝の金印にも使われています。この書体の中にもいろいろな種類があって、印鑑に使われるものは性格に言えば、印篆という書体になります。印章用書体としてもとても歴史が深くて、今の文字とは形がちょっと違っているのが特徴です。

その形から可読性が低いのであまり偽造されにくいのが特徴ですから、そのため個人の実印の書体として使われています。

太枠篆書体

次に太枠篆書体です。これは印鑑の枠を太く作っていて郷土をアップしつつ篆書体を木曽にして細かく仕上げた書体です。どちらかといえば先ほどの書体と比べると軽くなったイメージで女性の実印、銀行印に向いています。

吉相体

吉相体、こちらは、篆書体を基本に中心から外に向けて力強く線が走っているのが特徴です。上下左右斜め八方に末広がっている状態でもありますので、八方篆書と呼ばれることもあります。これは銀行印を作るのにぴったりです。

実印登録よりはどちらかといえば銀行印のほうが向いているでしょう。

それ以外にも隷書体、古印体といった種類もあり、認め印にこの二つは向いています。

ショップの陰影レビューを使う

自分の名前の陰影がどうなるのか気になる人はショップにある陰影レビューを使用すれば自分の名前の陰影を確認することが出来る。不安な人は陰影レビューを確認してお好みの書体をお選びください。

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.