実印Q&A

実印と銀行印は一緒で大丈夫なのか?

更新日:

実印と銀行印は一緒でもいいのでしょうか?

これは結論から言うとだめです。

その理由はなにも印鑑業界に儲けさせようと思っているからではありません。

銀行印を実印にしてもいいのですが、その場合は銀行は別の印鑑にする必要があります。
つまり銀行印を後々実印にして、もうその銀行印で金融機関関連の契約をしていないというのであればいいのですが、そうではない場合はやはり別にするべきです。

実印と銀行印の兼用がダメな理由

実印と銀行印は、どちらも大事な印鑑ですが、
重要が高い実印との兼用というのはしてはいけません。

その理由が、
印鑑証明や押印した書類から印鑑の陰影の偽造は簡単にできる時代ですから、銀行印のようにあちこちにはんこを押す機会がある印鑑を実印にしたのでは、悪用されてしまう可能性があるからです。

そもそも実印というのは、役所などに登録している印鑑のことで、主に財産や相続など重要な場合に使用します。一般の人なら一生のうちに何回も使うことはほとんどありませんし、一生使わないこともあるのです。

実印の必要性

たとえば住宅ローンを借り入れる、不動産の売買や銀行取引などの重要な時くらいしか実印を使うことがありません。

ですので、実印を使う予定がないのにもかかわらず、実印登録をしようと思っている人は管理をするリスクが発生しますので、それなら実印を作らなくてもいいでしょう。
実印登録したら盗まれないように、長期間にわたり丁寧な保管が必要になります。

実印が必要になったときに印鑑を作ればいいのです。銀行印として今使用している印鑑を実印登録してもいいですし、すでに実印を作っていたのなら、それを登録したらいいのです。

実印を作るなら偽造されにくい書体を選ぼう

実印を作る際は、書体選びが大切になってきます。偽造されたりするリスクが発生しますので、唯一無二の実印作りが重要になります。
ちなみに偽造されにくい書体は篆書体で、手彫りなどを選ぶことをおすすめします。

印鑑証明を偽造する犯罪なども今は手軽にできる時代ですから、銀行印と実印を兼用することはおすすめできません

銀行印として使用していない実印を使うというのであれば特に問題はありませんが、実印は長期的に使用する重要な印鑑ですので、耐久性や唯一性が高い印鑑を実印として登録しておくことをおすすめします。

-実印Q&A

Copyright© 【2018年】印鑑・実印おすすめネット通販サイトランキング , 2018 All Rights Reserved.