実印Q&A

実印の手入れの方法

投稿日:

実印の手入れをしていますか?印鑑の中でもとくに実印といえば自分の分身となるとても重要なものです。大事に印鑑を使用するためにも手入れは必要です。実印はなおさら一生ものといわれているものですから手入れはしっかりとしなければいけません。

印鑑を押す時に傷つけないポイント

実印を押す際に朱肉をつけすぎないこと

そのほうが綺麗に押すことができます。そして朱肉をつけすぎると余計な油が浮き出ますし、朱肉がハンコの印面の隙間に詰まりますので、手入れが大変になります。また朱肉の品質によって劣化が早まることもあるのでなるべく品質の良い朱肉を使うようにしましょう。

クッションを敷く

印鑑を押す下の紙の下になつ印マットなど適度にクッションになるものを敷いておいたほうがいいでしょう。

印鑑を押す

押すときはまっすぐに立ててイメージとしてはのの字を書くようにハンコの上に重心を移動させるといいでしょう。この方法で捺印をすればムラなく押すことができて印鑑の劣化も防げます。

印鑑を押した後の手入れのポイント

印鑑を押した後の手入れですが、そのままにしておくとかなりダメージが大きくなります。朱肉がついたままにしていると固まります。

そして一度固まった朱肉はなかなかとることができず、印鑑の品質の劣化にもつながります。朱肉の中には油が入っていて、これがしみこむことによって印面の枠の部分の劣化を進めることもあるのです。

印鑑を押したら朱肉を必ずふき取る

ですから毎回必ず朱肉をふき取ることが大事です。ティッシュなどで丁寧ににふき取りましょう。ふき取るとき、陰影の隙間にティッシュの繊維などが入り込まないように注意してください。

使用後はケースに入れよう

そして印鑑ケースの中に必ず入れましょう。実印など大事な印鑑を守ってくれるケースです。そして印鑑の乾燥を防ぐことも大事です。乾燥するとひずみが出やすくなるので、1年に1回から2回、冬に植物性オイルの布を使って軽くなじませると乾燥予防にもつながります。

温度や湿度に気を付けよう

印鑑を直射日光が当たる場所に保存をしたり、冷房で乾燥するような場所に保存してはいけません。劣化のスピードを速めてしまいます。ケースに入れた後は温度と湿度に気を付けるようにしましょう。

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.