実印Q&A

実印の処分の仕方

投稿日:

実印が必要なくなった場合の処分の仕方についてここでは見ていきましょう。実印を使用しなくなった場合、まず登録を取り下げなければいけないので、役所へ行って廃止手続きをとりましょう。その上で処分をします。そうしなければ、登録されたままになりますので気をつけましょう。

近くのハンコ屋で処分する

処分をしたい印鑑を近くのハンコ屋に持っていけば処分してくれますので、それでOKです。印鑑屋は預かった実印をどうやって処分するのかといえば、そのまま捨てるようなことはしません。印鑑屋は、10月1日が印鑑の日ですから、それぞれ各都道府県単位で必要なくなった印鑑を供養しているのです。

印鑑はその人の代わりとなってこれまで働いてくれたわけですから、きちんと供養をした上で処分しなければいけないことになっているのです。

そのまま捨てる

水牛など材料が高級なもの、石の印鑑などはきちんと供養をしたうえで処分するのがいいと思います。あまり値段的に高級ではない木で作られているものや、プラスティックのもに関してはそのまま捨てても問題はないと思いますが心配な人は、ホームセンターに紙やすりが販売されていますので、それを使って字が彫ってある部分が見えなくなるくらいまで削って普通に処分をするといいでしょう。

再度、削り直す

また、実印を処分する理由が、欠けてしまったとか、陰影があまりはっきり写らなくなったという理由なのであれば、再度削りなおしてもらうことも印鑑屋なら可能ですので相談してみるのも1つの方法です。

神社に持っていく

三文判などはカッターで印面を削ることもできます。捨てることに対して抵抗がある人は、神社へもって行けば印鑑の供養をする日でなくても、お札を処分する箱などの中に入れておくだけで供養してもらえると思いますので神社に持っていってもいいでしょう。

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.