実印Q&A

前の住所で登録した実印は無効ですか?

投稿日:

前の住所で登録をしている実印が効力を持つのかということですが、実印登録をしている印鑑証明書は転出された際には、発行できなくなる仕組みです。そして新たに転入した先の市町村役場で新規に実印の申請をして登録をすれば、新しい住所にて印鑑証明書は出してもらえることになります。

しかし実印が無効になったというわけではありませんので注意しましょう。

引越しをする前に発行された古い住所の印鑑証明書は提出をする先、提出する目的によってそのまま効力を持ったまま使うことができます。そして古い住所の印鑑証明書と新しい住所への住所変更をする証明の住民票と組み合わせれば使うことが可能なケースもあります。

どのような時につかえてしまうのか?

不動産登記の場合は印鑑証明書を発行してから3ヶ月以内ならそのまま使えます。印鑑証明書が発行されなくなること、そして実印そのものの効力が無効になることは別物なので、別で考えるようにしましょう。

つまり引っ越し先ではその印鑑は実印ではなくなることになります。

住民票を登録している区役所などで登録をして初めて実印としての効力を持つわけですから、実印ではなくなるということになります。

これまで実印として使っていた印鑑は引越し先で登録をするまでの間はただの認印ということになるでしょう。

住民票を移転した時点で古い住所の実印登録は効力を持ちません。

登録が無効になるだけなので、特にその印鑑が使えなくなるということではありませんので、実印としてその印鑑は何度引越しをしても登録をしなおせば実印として使えます。印鑑登録をすぐに申請すれば実印に復活しますから、必要な人はすぐに登録をすればいいだけの話なので簡単です。

実印を変更する際の流れ

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.