実印Q&A

賃貸契約の実印は印鑑登録してない判子ではダメですか

投稿日:

賃貸契約の実印は印鑑登録をしていない判子でもいいのでしょうか。貸主、借主、保証人とも賃貸契約書に捺印をする際の印鑑は、実印でなくても可能です。実印というのは印鑑証明を登録をしている印鑑のことですが、印鑑登録していない印鑑でも契約を結ぶことは可能です。

人によっては、たとえば引越しをしてから新しい住所で印鑑登録をするのですが、契約前に登録することができないというケースもあるかと思います。

賃貸契約の流れ

契約時に当事者同士が集まり署名捺印をしますので、免許証などの提示をして身分を確認したうえで、すべての人が本人であるという確認をすることが可能です。

不動産会社の担当者、貸主、本人、この関係者すべてがそろっているのなら、印鑑証明が登録されていない実印での契約も可能ですが、万が一一人でも契約時にいないということであれば、やはり印鑑証明が必要ではないでしょうか。

そして根本的に実印と呼べるのは印鑑登録をしている印鑑のみですので、印鑑登録をしていない印鑑というのは、実印とはいわないのです。契約時に「実印」が必要と記載されていた場合には、実印というのは印鑑登録をしていることを前提にしているので、それはやはり守らなくてはいけません。

このような時は実印じゃなくてもOK

契約時に「印鑑」と書いてあるだけでしたら実印という指定はありませんので特に実印でなくてもいいわけですから、印鑑登録をしていなくてもいいでしょう。

このような時は実印じゃないとだめ!

実印と指定されていたのであれば、きちんとどんな都合があるにしても事情があったとしても実印として認められるように印鑑登録をしなければいけません。

普通は認印など普通の印鑑でも契約はできるはずですが貸主によっては実印、印鑑登録証が必要になることもあります。

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.