実印Q&A

認め印、銀行印、実印の3種類の大きな違いって何ですか?

投稿日:

印鑑には種類がありますが、認印、銀行印、実印、この3つの大きな違いはどんな点にあるのでしょうか。それぞれに用途が違います。

実印

本人の代わりに、本人の証明として扱われており、印鑑登録がなければ実印としての効力を発揮しませんので、印鑑登録をして社会的にも法的にも効力を持つ印鑑です。印鑑の種類の中でも一番重要な印鑑といってもいいでしょう。

銀行印

銀行印は金融機関に登録をしている印鑑です。定期、預金などの出し入れをする際に使いますし、実印、認印とは区別して使用している人が多いでしょう。

認印

認印ですが、こちらは普段、日常的に一番良く使っている印鑑です。家庭、職場で一番良く使われていて何気なく使ってるという人も多いかと思いますが、法律的な効果を伴うことも場合によってはありますから注意しなければいけません。

このようにこれら3つの印鑑にはそれぞれ用途やその印鑑の責任、重みなどが違っていますので、それを理解しておく必要があります。

重要度合いで見れば

実印>銀行印>認印

といった順番になります。

しかし用途などに違いがあると入っても実際認印として使用するから認印になるわけで、そのハンコを銀行印にしようと思って銀行に持っていって通帳を作ったら、認印は銀行印になります。また、銀行印として使用していたハンコを持っていって役所で登録をすれば実印になるのです。

実印はできれば大きな印鑑で、書体なども認印のような形ではないものを使用するのですが、特に登録をする際にそれでなければいけないという決まりはありませんので、自分が手持ちの印鑑を持っていき、これを実印として使用すると決めたらならば、それが実印になるというわけです。

-実印Q&A

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.