実印・印鑑の素材一覧

斧折樺(オノオレカンバ)の相場から最安値の実印・印鑑ショップを探す

更新日:

斧折樺

印材にはオノオレカンバと言う素材があります。
オノオレカンバは、斧が折れるほど硬いというところからこのネーミングが付き、オノオレカンバの木は幹が成長するのに、一ミリあたり三年かかると言われています。
オノオレカンバは硬度が非常に高いことが最大の特徴で、印鑑にするには持ってこいの素材と言えるでしょう。

また、オノオレカンバは、昔から金のなる木という別名を持ち、またその強度も合わせて、大変縁起が良いとされてきたそうです。
折れないというニュアンスから、契約や金銭に関することに使うと良いとされ、銀行印を含め、印鑑はもちろん、その他の加工品にも使われることが多いそうです。

さらに、硬度が高いために、夫婦の絆が折れない、などのニュアンスで、結婚祝いにオノオレカンバの印鑑を贈ったり、心が折れないと言うニュアンスを含めて、就職や進学のお祝いの印鑑として贈られることが多いそうです。
一般的な印鑑と同じくらいの手軽さで入手できることもあり、比較的人気の高い印材だと言えるでしょう。

天然素材のため、メンテナンスには注意が必要です。
直射日光や極端な湿度の変化には気を付け、捺印後は出来る限り朱肉を拭きとるようにすることがオススメです。

斧折樺(オノオレカンバ)素材が一番安いハンコ屋さんはここ!!

大きさ ハンコマン Inkans.com ハンコヤドットコム

13.5mm

×

×

×

15.0mm

4,000円

×

×

16.5mm

4,620円

×

×

18.0mm

4,930円

×

×


印鑑君

斧折樺(オノオレカンバ)素材が安いショップはハンコプレミアム

斧折樺(オノオレカンバ)素材の口コミ・評判一覧
総合満足度: 3.3 / 5点 口コミ: 4
質感が気に入ってます 評価:

斧折樺はとにかく質感の一言に尽きますね。持った感じの肌触りというか、手に馴染む感触は斧折樺が一番でしょう。印鑑は質感次第で押し心地も変わってくるので、斧折樺の印鑑は重宝しています。

彩さん 千葉県 / 30代

評価:

高級な素材を使っていようがなんだろうが、重要なのは実際の使い心地だと考えています。あと個人的にとても軽いのも気に入っていますし、最高級の木を使っているだけあり耐久性は申し分ない。

おおつかさん 40代

軽すぎる・・・ 評価:

素材がかなり軽いので、落ち着いて押さないとズレてしまう事があるかもしれない。重量感のある印鑑に慣れている人にとって、斧折樺はちょっと軽すぎると思います。あと実際の耐久性はともかく、軽すぎるとどうしても強度が気になってしまう。

匿名さん 30代

評価:

耐久性は問題無いが、思った以上に軽くてビックリした。まだ使って間もないのでメンテナンス性は分からないが、この軽さはなかなかネック。印鑑はある程度重たい方が押しやすいと改めて感じました。

いーくんさん 40代

斧折樺(オノオレカンバ)素材の総評

印鑑君
斧折樺のメリットは質感と耐久性、デメリットは軽さという事でしょうか。でも軽い印鑑でも問題無く使えるという人にとっては、かなり向いている素材と言えるでしょう。逆に重量感のある印鑑じゃないと使いにくい、という人からすると思った以上に使いにくい印鑑となってしまうみたいですね。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.