実印・印鑑の素材一覧

黒檀素材の相場から最安値の印鑑ショップを探す

更新日:

黒檀とは?

黒檀

黒檀は日本でもっとも使われている銘木です。半永久的とも言えるほどの耐久性を持ち、建材などとしても使用されています。ハンコにおいてもこの点は変わらず、現在使われているハンコの大半は黒檀素材のものが多くなっています。

黒檀は世界中で多く分布している銘木で、その堅さはほかの素材と比較して非常に強固なものとなっています。堅くて強いため何度でも使うことができ、まさにハンコ向けの素材と言っても良いでしょう。湿気にも強く、変形するようなこともめったにありません。虫食いにも強いことから、机の引き出しにしまっておいても捺印時の欠けやにじみが無く使用できます。何度でも使う機会のあるハンコなら黒檀素材がおすすめです。

黒檀は木の密度が高く、適度に脂分がある素材です。手にも馴染みやすいことから実印や銀行印をはじめ、認め印にも向いている素材となっています。実印のように耐久性としっかりと押印できることが求められるハンコでは黒檀素材が良いでしょう。欠けることもめったにありませんので、信頼性の高いハンコを作りたいときに向いています。メンテナンスの手間もかからず、半永久的に使っていけるため長く愛用していくなら黒檀素材を選びたいところです。

黒檀は古くから日本でもっとも使われている木材の1つです。印鑑はもちろんのこと、建築や家具、位牌などさまざまなところで使われてきました。

実印としても、非常に実用性が高い印材です。捺印性や耐久性、見た目などどれを取っても評価が高く、また価格もお手頃

黒檀の特徴

非常に優れた耐久性

黒檀素材の特徴としては何と言ってもその優れた耐久性が第一にあげられるでしょう。古くから高級家具や貴族や王族が済む建築物に利用されてきた素材というだけあって、その耐久性は数ある木材の中でも随一です。

まず、木の肌を見れば一目瞭然なようにとにかく緻密で強度が高いため、重い硬い強いと三拍子そろった素材として世界的に知られています。非常に固く加工しにくいため、本当に腕の良い職人だけが加工することが可能だったため、黒檀素材の価値はさらに高まっていきました。また、木材において最も重要視される乾燥性も随一で、ほとんど水を含まないため何年たってもその強固な強度を維持することができます。

さらに害虫類が忌避する成分が多く含まれている、悩みの種であるシロアリ等の虫に素材が喰われてしまう心配も全くありません。これらを総じていつまでも朽ちることのない強固な耐久性を持っているという特徴から古くから黒檀素材は珍重され、貴族のステータス的な意味を持つ素材として利用されてきたのです。

独特な光沢感と木目の美しさ

その独特な光沢感と深みのある杢目の美しさも黒檀素材の大きな特徴の一つです。黒檀は黒に近い色味が特徴的で、その深い味わいが素材を代表する上品な高級感につながっています。その美しさは歴史上の人物たちが秘蔵のコレクションとしてこぞって他所に自慢するほどの富のステータスを表す素材として使われていたことからもわかります。

さらに黒檀は油分を多く含む素材であるため、使えば使うほどに素材に油分が馴染み、その美しい黒色はよりいっそうに深みを増していきます。一家相伝で長年丁寧に手入れされてきた黒檀素材は国宝級の美術品に勝るとも劣らない美しさを持っています。

また、黒檀の持つ独特で緻密な木目はその美しさにいっそう拍車をかけます。本来木製工芸品は何より木目の美しさを重要としており木目が美しい材料は大いに珍重されていますが、中でも黒檀素材はその複雑な緻密さから最高峰に美しい木目をもった素材だと位置づけられています。黒檀は重厚な光沢感と緻密な木目の美しさが相まって、貴族御用達の超高級素材となり得たのです。

希少性と値段の高さ

黒檀素材はその希少性も大きな特徴であるといえます。これまでに説明したように超高級素材として様々な分野で珍重されてきた黒檀ですが、その生育は極めて遅く、直径が18mになるまでに200年以上かかるとまで言われています。さ

らに大きいもので樹高は6m、直径は0.6mほどにしか成長できないため、樹木の中でも最も小さい部類の樹木として位置づけられています。そして、古来より、高級素材として需要が非常に高く日本中で乱伐がすすんだため、現在は日本国内でほぼ入手することができないと言われるほど希少性が高まってしまっています。

先に上げたとおりに、生育が遅く育った樹木から取れる材料も少ないため、これから日本において国産の黒檀素材を手に入れることは絶望的です。そのため日本ではインドやタイといった東アジアや東南アジア、マダガスカルといった世界各国からの輸入にその入手をたよっているという現状があり、その値段も非常に高騰しています。

黒檀のメリット・デメリット

メリット

黒檀素材は古くから富裕層の間で珍重されてきた素材というだけあり、材質が他の木に比べて非常に強靭で耐久性に富んでいるため、長年に渡って愛用することが出来ます。そして木材の性質上最も天敵である乾燥にも強く虫にも喰われにくいという特徴は、その強靭さに加えてさらに素材としての耐久性を上げる一員となっています。

材質を活かすととても綺麗な黒の色味が出るため、そのシックで上品な高級感は数あるはんこ素材の中でも随一だと言えます。さらに黒檀は油分を非常に多く含む木材であるため、使用すれば使用するほど油分が木に馴染んで、黒い色の中に味が出ててきてより一層魅力的になります。

また、木目や木の肌のキメの細やかさもその高級感をあげることに一役買っています。これらの特徴からはんこのみならず、由緒ある建築物や彫刻、家具等の高級な素材として使われてきました。

デメリット

黒檀素材のデメリットは第一にその希少性からの高値にあります。生育も遅く取れる量も少なく、さらに乱伐のために国内の黒檀素材はほぼ全滅状態となっており、現在日本はインドやタイ、マダガスカルといった世界各国からの輸入に頼って黒檀を入手しています。

しかしそれでも入手できる量は極小なため、常に一般人では入手が不可能なほどの価格の高騰が進んでいます。黒檀素材の総量減っていく一方であるためこれからもその値段が際限なく高騰していくことが予想されます。次にデメリットはその加工の難しさにあります。

黒檀はその材質の緻密さから耐久性が非常に高い反面、加工する場合においてその強固さは非常にネックになります。並みの道具では満足に切込みを入れることも難しいため、強度のある専用の道具で時間をかけて職人が加工していきます。そうした職人でも加工は困難を極めるため、あまりに複雑な構造を持った加工品を作ることは難しいです。

黒檀はこんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • シックで高級感のあるハンコを求めている方
  • 値段より素材の質を重視する方
  • 一つのはんこを長年に渡って愛用したい方
印鑑君
黒檀素材は高級感については言わずもがなであり、非常に上品で落ち着いているためその要素を求める方にはマストな素材だといえます。またその希少性から非常に高価であるため、物を購入する時は値段より質を重視するという方に向いています。

また、その耐久性からしっかり手入れをすれば何百年も使い続けることができる素材ですので、ひとつのはんこを長年に渡って愛用したい方にこそ最適な素材であるといえます。

黒檀素材が一番安いハンコ屋さんはここ!!

大きさハンコマンInkans.comハンコヤドットコム

13.5mm

×

3,580円

3,300円

15.0mm

×

3,980円

4,200円

16.5mm

×

4,580円

5,200円

18.0mm

×

5,180円

6,200円

印鑑君
黒檀素材が安いショップはインカンズ

黒檀素材の総評

印鑑君
黒檀素材は印鑑に良く使われているだけあり、質感や使いやすさは折り紙つきのようです。しかし安定して使えるメリットが、もっと良い物を求める気持ちに繋がる事もあるのでしょう。良く言えばシンプルで堅実、悪く言えば飛び抜けた要素が無いと言えますね。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 【2018年】印鑑・実印おすすめネット通販サイトランキング , 2018 All Rights Reserved.