実印・印鑑の素材一覧

黒檀素材の相場から最安値の実印・印鑑ショップを探す

更新日:

黒檀

黒檀は日本でもっとも使われている銘木です。半永久的とも言えるほどの耐久性を持ち、建材などとしても使用されています。ハンコにおいてもこの点は変わらず、現在使われているハンコの大半は黒檀素材のものが多くなっています。

黒檀は世界中で多く分布している銘木で、その堅さはほかの素材と比較して非常に強固なものとなっています。堅くて強いため何度でも使うことができ、まさにハンコ向けの素材と言っても良いでしょう。湿気にも強く、変形するようなこともめったにありません。虫食いにも強いことから、机の引き出しにしまっておいても捺印時の欠けやにじみが無く使用できます。何度でも使う機会のあるハンコなら黒檀素材がおすすめです。

黒檀は木の密度が高く、適度に脂分がある素材です。手にも馴染みやすいことから実印や銀行印をはじめ、認め印にも向いている素材となっています。実印のように耐久性としっかりと押印できることが求められるハンコでは黒檀素材が良いでしょう。欠けることもめったにありませんので、信頼性の高いハンコを作りたいときに向いています。メンテナンスの手間もかからず、半永久的に使っていけるため長く愛用していくなら黒檀素材を選びたいところです。

黒檀は古くから日本でもっとも使われている木材の1つです。印鑑はもちろんのこと、建築や家具、位牌などさまざまなところで使われてきました。

実印としても、非常に実用性が高い印材です。捺印性や耐久性、見た目などどれを取っても評価が高く、また価格もお手頃

堅い、きれい、美しい。個人・法人問わず人気の黒檀実印の特徴

黒檀は東南アジアやアフリカに分布する広葉樹のことで、他の木材とくらべると密度がとても高いことから、重くて堅い点が特徴的です。

印鑑に使うには絶好の材質で、印面が欠けにくく、また湿気や虫食いにも強いというメリットがあります。長く使っても劣化や変形が起きにくく、何度でも使うことができるでしょう。

また、見た目も優れています。黒と赤が混じった色彩は、木材特有の温かみとともに、落ち着いた大人の雰囲気を感じさせます。実印はもちろんのこと、銀行印や認印、会社で使う訂正印、法人用の角印などとして使っても様になる印材です。

黒檀は高級天然木の1つですが、それでも象牙や宝石類よりはずっと多く流通しています。そのため、6,000~7,000円もあれば手彫り作成の大きな実印、もしくは他のはんこもそろったセットなども十分に買えるでしょう。

実用性や見た目、価格など、さまざまな要素が優れている印材です。

紫檀や楓、彩樺などのさまざまな木の印材。黒檀との違いとは

印鑑で使われている木材には、以下のようにさまざまな種類があります。しかし、黒檀はそのネームブランドや耐久性、落ち着いた色合いなどから、これらと比較しても注文や問い合わせの数が多く、高級素材として高い人気を誇っているようです。

・紫檀
似たような名前から間違えがちですが、紫檀はマメ科のローズウッドと呼ばれる植物で、ものが違います。ただし、黒檀と同じぐらい高級で耐久性があり、人気の印材です。

・楓
カナダで有名なメイプルの木のことです。楓は白みを帯びており頑丈なことから、ボウリングのピンにも使われています。

・彩樺(彩華)
バーチ材と呼ばれる真樺に樹脂を混ぜ込んだ、リーズナブルでエコロジーな合成素材です。混ぜ込む樹脂の種類や方法によって色が変わり、赤いものはアグニ、黒いものは玄武などと呼ばれます。

彩樺の種類によっては黒檀と見間違えてしまうことがあるかもしれませんが、天然木100%の黒檀のほうがずっと高級です。

木材だからこその弱点もアリ、使用後はしっかり手入れと保管を!

湿気に強い黒檀ですが、あくまでも「木材の中では」ということに気をつけましょう。朱肉の油が染み込んでしまうと、劣化して欠けやすくなってしまいます。使用後は、朱肉をしっかり拭き取らなければなりません。

また、湿気に強い一方で乾燥には弱いという特徴があります。保管するときは適当に棚に入れるのではなく、専用のケースにしっかり入れておく必要があります。

手入れを怠りさえしなければ、一生モノの印鑑になってくれることでしょう。

黒檀素材が一番安いハンコ屋さんはここ!!

大きさ ハンコマン Inkans.com ハンコヤドットコム

13.5mm

×

3,580円

3,300円

15.0mm

×

3,980円

4,200円

16.5mm

×

4,580円

5,200円

18.0mm

×

5,180円

6,200円

印鑑君

黒檀素材が安いショップはハンコプレミアム
黒檀素材の口コミ・評判一覧
総合満足度: 2.5 / 5点 口コミ: 4
安物はやっぱ安物 評価:

黒檀を使った印鑑は総じて信頼性が高いが、安い物を買うと粗末な物が混じっている事がある。自分は幾つか黒壇素材の印鑑を持っているが、値段によって完成度の違いが大きい。

善幸Papaさん 大阪府 / 40代

デメリット 評価:

色々な印鑑を使ってきましたが、黒檀素材については大きなデメリットを感じませんでした。ただ一つデメリットを挙げるなら、本当に愛用するならもっと高級な物を使った方が良いかなという事です。黒檀は確かに頑丈で良い印鑑だけど、黒壇よりも優れた素材はあるので、こだわる人なら物足りない感はあるかもしれません。

匿名さん 神奈川県 / 30代

質は良いと思います 評価:

黒檀素材は質感が素晴らしく、この質感だけでも印鑑としての価値があります。あまり印鑑や素材について詳しくない人でも、持っただけで質の良さを感じられるはずです。

ゆーとさん 滋賀県 / 30代

実印向きだと思います 評価:

黒檀は湿気に強いし形が変わる事が無いので、長い間変わらない姿を維持してくれます。しばらく使わなくても朱肉が劣化する気配もありませんし、良く使う実印などに向いていると思います。

ひとみ(-"-)さん 島根県 / 30代

黒檀素材の総評

印鑑君
黒檀素材は印鑑に良く使われているだけあり、質感や使いやすさは折り紙つきのようです。しかし安定して使えるメリットが、もっと良い物を求める気持ちに繋がる事もあるのでしょう。良く言えばシンプルで堅実、悪く言えば飛び抜けた要素が無いと言えますね。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.