実印・印鑑の素材一覧

黒彩樺(玄武)の相場から最安値の実印・印鑑ショップを探す

更新日:

比較的新しいハンコの素材として誕生した黒彩樺は、北方寒冷地で多く栽培される真樺を使ったバーチ材に、フェノールレジンという樹脂を使って高圧加熱加工を行って作られた、木材資源を無駄に浪費しない、環境に配慮したエコ新素材です。

真樺は容易に栽培でき、高さ30メートル、胴回り1メートルほどの巨木に成長します。真樺自体も家具材や内装材に使われているとおり、乾燥後の反りや変形が少なく、非常に安定した木材です。

黒彩樺は、これを樹脂とともに高圧加熱加工しているため、通常のバーチ材よりも、さらに伸縮しにくく、割れにくいといった特徴を持っています。また、キメも細かいため、印材としての性能は、高級天然素材のものと比べても遜色ありません。
天然素材ではありませんが、艶やかな黒のなかに落ち着きののある木目模様があり、独特の高級感と重量感を醸し出しています。

合成の印材であるために、その性能の高さでありながら、価格は比較的安価で安定しており、非常にコストパフォーマンスの優れたものとなっています。

高品質なハンコとなると、高級天然素材を使用したものとなってしまい、高価なものとなってしまいますが、予算に制限がある方や、コストパフォーマンス重視の方にはお勧めな素材です。

黒彩樺の特徴

環境に配慮したエコ素材

印鑑の材料として多く使用される多くが、自然由来の材料です。高耐久性の木材、高級感のある木材、そして鉱物や動物由来の素材が一般的です。しかし、これらの素材は環境負荷も高く、近年では入手困難となるものも増えています。ですが、黒彩樺は環境負荷の少ない素材として注目され、環境関連企業団体に推薦されています。また、グリーン購入法適合商品に該当し、材料単価自体も安いことから印鑑の価格を抑えることも可能になっています。
黒彩樺は、北方寒冷地で産出される真樺をベース素材とし、フェノールレシン樹脂をの高圧加熱処理することにより生み出された素材です。ベースが木材ということから環境負荷が高いと考えますが、使用される真樺は間伐材であり、資源の再利用し余すところなく使用していることから環境負荷が低いと評価されています。エコ素材として注目を集めていることから多くの印鑑専門店が、近年では推奨しリーズナブルに提供する素材となっています。

動物系素材に劣らぬ耐久性

黒彩樺は知名度は高まりつつあるものの、初めて名前を聞いた方は木材だと考えてしまうことがあります。印鑑に木材を使用した場合、耐久性の面で不安を感じる方も少なくはありません。そのため、以前は木材よりも動物系素材である、水牛の角、象牙などの耐久性に富んだ素材が一般的でした。しかし、黒彩樺は単なる木材ではなく、木材ちと樹脂を組み合わせ高圧加熱処理しており、木材の弱点を克服した素材となっています。黒彩樺のベースとなる真樺はフローリング、敷居、ドアなどの建具にも使用され耐久度が高い木材であり、樹脂材料も自動車や身近なところで使用されるものであり、耐熱性、耐火性、難燃性そして耐薬品性に優れた素材です。お互いの長所を組み合わせた素材であり、非常に耐久性の高いものとなっています。また、工業製品として製造されるため、自然素材に比べると品質が安定していることから、長期耐久性も高いものとなっています。特に長期耐久性の面では、ひび割れや変形、サイズの狂いも少ないことから印影が変化しないといったメリットがあります。

外観が美しい木目調

黒彩樺は、自然由来の印鑑素材と比較した場合、外観が美しいものとなっています。木材由来の木目が際立ち、同質で表面の変化が無いもしくは少ない素材よりも高級感があります。特に樹脂材料を高圧加熱処理することにより、木目に樹脂が入り込み、木目がキレイに浮き上がるといった特徴があります。また、ベース材料が木材ということもあり、色の濃淡がはっきりし、コントラストもあります。さらに、樹脂材料が充填されているため、表面に光沢があるだけでなく、触り心地も滑らかという特徴もあります。さらに、木材でありがちな木目の品質変化も少ないという特徴もあります。その他、無垢の木材を使用した場合において、長期使用により汚れや摩耗が生じることがあるものの、黒彩樺は樹脂材が木材をしっかりとコーティング保護しているため、木目が長期に亘って変化し難いのも特徴です。外観の美しさだけでなく、将来的な美しさが保たれる印鑑用の素材となっています。

黒彩樺のメリット・デメリット

メリット

黒彩樺のメリットは、何と言っても印鑑自体の製作費用が安く済むといった点があります。実印なら約5千円の価格から購入でき、高耐久性の水牛の角に比べると価格は安くなっています。また、実印や銀行印を同時に購入しても1万円以下で購入でき、新社会人が初めて購入する場合、贈り物として購入するにはリーズナブルなものとなっています。
2つ目のメリットは、他の素材に比べ印鑑素材として使用している人が少ないという点があります。そのため、他の人が持っていない珍しい印鑑素材という印象を与えることができます。見た目がこれまでの印鑑と異なるため、紛失リスクの低下や防犯対策という点でもメリットがあります。その他のメリットとしては、素材としての耐久性が高い上、品質も安定していることから印鑑の彫り直しを将来的に行うことが可能といったメリットがあります。

デメリット

黒彩樺は、木材がベースとなっているため、お手入れ方法は他の木材系の印鑑素材と同じ取り扱いが必要です。朱肉自体は油分を含むため、木目に染み込み劣化の原因となってしまいます。また、黒彩樺は樹脂で高圧加熱処理し、表面をに光沢が出るように磨かれているものの、木目自体が表面に露出する部分もあります。そのため、朱肉を拭き取らず放置した場合、外側にひび割れが生じ印面の際に割れが生じることもあります。その他、直射日光に当たることで樹脂が劣化したり、高温多湿そして気温変化により印鑑が痛むことがあるため、保管にも注意が必要な素材になっています。黒彩樺は耐久性は高いものの、取り扱いについてはメンテナンスフリーという素材ではなく、他の印鑑素材と同様の扱いが必要です。特に樹脂素材は紫外線に弱いため、保管方法は重要です。

黒彩樺はこんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 初めて印鑑を購入する新社会人で価格や素材で悩んでいる方に向いている。
  • 他の人が持っていない印鑑素材を求める方におすすめです。
  • リーズナブルな価格で高級感を求める方におすすめです。
印鑑君
印鑑を初めて購入する方や若い方は、自己アピールや周囲との違いを求めることがあります。そして、安くても良い素材を利用したいということも考えます。
そこで黒彩樺なら今注目を集めている素材ということもあり、使用している人が少なく、高級感と落ち着きを兼ね備え、そしてリーズナブルという3点の人に向いた素材となっています。特に初めて購入する方でも迷った際には黒彩樺を選べば間違いがなく、将来的に長期間使用できる点からおすすめです。

黒彩樺(玄武)素材が一番安いハンコ屋さんはここ!!

大きさハンコマンInkans.comハンコヤドットコム

13.5mm

×

4,300円

4,100円

15.0mm

×

5,100円

5,100円

16.5mm

×

5,900円

6,100円

18.0mm

×

6,500円

7,100円

印鑑君
黒彩樺(玄武)が安いショップはインカンズ

黒彩樺(玄武)の総評

印鑑君
彩樺に比べると、黒彩樺はデザインを褒める声がちょっと減ってしまいます。耐久性の問題も指摘されていますが、全体的な面で評価するとおおむね評価されていると言って良いでしょう。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 【2018年】印鑑・実印おすすめネット通販サイトランキング , 2018 All Rights Reserved.