実印・印鑑の素材一覧

【実印】黒水牛素材の相場と価格から最安値の通販サイトを利用する。

更新日:

黒水牛印材とは?

黒水牛

印材に良く用いられる素材として、黒水牛があります。黒水牛は東南アジアの水牛の角を、加工し、印材としたものです。ベトナムを中心として生産されており、印材の他にも、ボタンや包丁の柄、料理用の箸として使用されることがあるそうです。

黒水牛の角は黒光りした美しさが特徴的で、その主成分は皮膚の一部であるため、たんぱく質だそうです。そのため、天然の素材ということになりますので、乾燥に対し、大変弱い性質を持ち合わせています。乾燥にデリケートなために、直射日光や強い照明などからは守らなければなりません。

保存するのであれば、印鑑ケースに入れて、金庫などの冷暗所での保管がベターだと言えます。日常的にエアコンを使用する環境に置いたり、冬季の乾燥などが気になる場合には、乾燥防止のためにオリーブオイルなどでメンテナンスをすると良いそうです。また、捺印後は柔らかい布やティッシュなどで朱肉を拭きとるようにすることがオススメです。

黒光りする黒水牛の印鑑は、水牛の角の中心部分を使った物が上質とされ、印鑑の頭の部分に針で突いたような跡があるのが特徴的です。黒水牛の印鑑を使用する場合には、こういった点にも注意して選ぶようにするのが良いでしょう。

黒水牛は、とくに男性女性問わず実印の素材として人気があります。そこそこの値段で中程度の捺印性・耐久性があり、見た目も上質など、とてもバランスが優れた印材です。

黒水牛印材のメリット・デメリット

メリット

黒水牛印材は水牛の角から作られる印鑑材料で、良質な「芯持ち」と呼ばれる部位により、高品質で耐久性のある実印として長く使える物です。 見た目も優れている印鑑で、黒水牛の黒は高級感が溢れ、汚れが目立たない一生モノを意識した丈夫な作りとなっています。

朱肉の乗りが良いというメリットもあり、しっかりと印影が見える、映すことが可能です。貴重な部位である「芯持ち」を使用していますが、値段が比較的リーズナブルで購入できます。インターネット通販などで誰でも手軽に購入しやすく、多くの方に使われています。

デメリット

黒水牛印材を使用した印鑑は人気があり様々な店舗で販売されています。良質な黒水牛の実印を探すコツとして、印鑑の頭に点が存在する物を選ぶ必要があります。中心部分に点があれば、しっかり「芯持ち」部位を使用した印鑑ということになり、本物と見分ける際に重要になります。

またタンパク質で形成される牛の角が材料なので、直射日光と乾燥に大変弱いデメリットが存在します。正しい保存方法で使用しなければならず、維持に手間が掛かる印鑑です。欠けやすくひび割も起こしやすいので、保管方法には注意が必要となります。

単品や3本セット相場

どこのショップでも購入できる黒水牛だからこそ、その価格はしっかり確認しておきたいところです。そこで、どのような印鑑がどのような値段なのかを紹介します。

単品女性用の小さいサイズなら4,000円前後、男性用の大きなサイズなら5,000円前後
本セットの相場12,000円前後
会社・法人などの角印の相場10,000円前後

これらの値段は、象牙やチタンほど高くはありません。そこそこ高品質でありながらそこそこリーズナブルだという点こそ、多くの方が黒水牛を使う要因と言えるでしょう。

黒水牛相場から最安値の通販サイトを利用する

大きさハンコマンInkans.comハンコヤドットコム

13.5mm

×

3,880円

4,400円

15.0mm

4,000円

4,280円

5,400円

16.5mm

4,620円

5,280円

6,400円

18.0mm

5,240円

5,880円

7,600円

印鑑君
黒水牛素材が安いショップはハンコマン

黒水牛素材の偽物の見分け方

黒水牛素材の印鑑を購入する際に注意して欲しいのが本物かどうかです。騙されないように偽物を見分ける方法を紹介していきます。

印鑑を実際に手に取ることが出来る場合は全体の光沢を確認しましょう。本物は漆黒の黒光りが見られますが、偽物は光沢がほとんどないので一度でも黒水牛の印鑑を見たことがある人なら判断することが出来ます。また黒水牛素材の印鑑は本来印面も黒色なので、そうでない場合は木材を使用した印鑑と考えられるので偽物と判断して下さい。

あと黒水牛素材の印鑑を押印した印影はとても美しいのが特徴なので試しに押印すれば本物かどうか分かります。印影が鮮明で美しいのなら黒水牛素材の印鑑と言えますし、本物でないと判断した場合は業者に連絡をして返品の手続きを取る必要があるので出来るだけ早く確認するのがポイントです。また黒水牛の印鑑でも傷、割れがある場合も不良品なので光沢の有無だけではなく実際に押印して確認するようにしましょう。

あと黒水牛素材の印鑑の相場をきちんと把握しておく必要があり、大体4,000円から5,000円程です。安価なモノでも黒水牛素材なら3,000円以下の印鑑は存在しないので安すぎるモノは偽物である可能性が高いので購入しない方が賢明です。

黒水牛素材口コミ一覧
総合満足度: 3.3 / 5点 口コミ: 4
管理が面倒 評価:

保存状態や管理状態を怠ると乾燥を防げなくなる。高級感があるし押し心地も抜群なんですけど、厳重な管理を求められるのが少し面倒かも?

ヴィロワースキーさん 福井県 / 20代

天然素材だから仕方ない? 評価:

天然素材を使っている影響か、長く使っているとひび割れが起きてしまう。これは黒水牛だけに言える事ではないが、使い方や保存状態によってはどうしても耐久性に問題がある。

宮ヶ原さん 佐賀県 / 40代

素材はピカイチ☆ 評価:

黒水牛の印鑑は品質の良い素材を使っているのにも関わらず、それなりに安い値段で買えるから気に入っています。押した感じもクッキリしているし、押しやすさ、品質、値段、どれも満足のいく印鑑です。また、きちんとメンテナンスしていれば朱肉が劣化したりする事もないと思います。

Emiさん 福島県 / 30代

安く買えました 評価:

黒水牛の印鑑は品質の良い素材を使っているのにも関わらず、それなりに安い値段で買えるから気に入っています。押した感じもクッキリしているし、押しやすさ、品質、値段、どれも満足のいく印鑑です。また、きちんとメンテナンスしていれば朱肉が劣化したりする事もないと思います。

空瑠様さん 北海道 / 40代

黒水牛素材の総評

印鑑君
全体的にコストパフォーマンスが良く、押し心地に関してはデメリットがほとんど無いみたいです。しかし高級素材を使っているため、耐久性はちょっとデリケートなのでしょう。ちゃんと管理していれば抜群の耐久性を誇るけど、管理を怠ると乾燥やひび割れの問題は避けられないかもしれません。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 実印・印鑑・ネット通販比較ランキング!おすすめはココ! , 2018 All Rights Reserved.