お店一覧

印鑑の西野オンライン工房の口コミ評判

更新日:

印鑑の西野オンライン工房とは?


印鑑の西野オンライン工房は、創業70年を誇る実績とノウハウで個人・法人用印鑑の販売を行うオンラインショップです。

手彫り仕上げに拘る印鑑において、京印章制作士が一つひとつ手作業で仕上げるので、世界に一つだけの印影が魅力。

注目した印鑑を制作した職人名が分かるので、品質とサポートに安心できる印鑑ショップとなります。

印鑑西野オンライン工房の特徴

職人手書きの印影が魅力

西野工房画像1

印鑑を販売する多くの企業はコンピューターを使用して大量制作をします。しかし印鑑の西野オンライン工房では、京都の職人たちが一つひとつを手彫りで印影を制作するので、世界に一つだけの商品を販売しています。

京都に5人しかいない「京の名工」に認定された職人が制作を担当し、より精巧に丁寧に仕上げますから、京都ブランドとしての魅力ある商品は重厚感のある実印として人気を集めています。

印鑑で重要となる文字(印影)の部分を時間を掛けて手掛け、文字のアウトラインも仕上げ刀でしっかり制作する徹底ぶり。

印鑑の品質に不安な方にも、制作した職人名が分かる仕組みで安心して購入できますし、オンラインショップを通じて入手が難しい職人が制作した実印を手軽に購入することが可能です。

手彫り仕上げの印鑑販売で様々なニーズに応えるオンラインショップです。

充実の保証サービス


印鑑の西野オンライン工房では、職人が一つひとつ丁寧に仕上げた印鑑の保証も充実します。

もし、購入した商品に納得がいかない場合、購入代金を全額返金するシステム(購入した日時より1週間有効)を構築していることが特徴。

あらかじめ制作してほしい印鑑のイメージを相談できることや、安心の印鑑5年間保証で利用者に対するアフターサービスにも力を入れているので、印章保証制度により利用者の不安を取り除くシステムやお電話、FAXはもちろん、オンラインショップ特有のメールでの問い合わせも可能です。

職人が丹精込めて制作した印鑑を手軽に購入できると同時に、世界に一つの印鑑だから一生のものにするためにサポート体制がしっかりしています。

保証対象商品も登録用実印・銀行印・角印と幅広く、充実したアフターケアを受けることができます。

豊富なニーズに対応する商品ラインナップとコンテンツ

職人が手彫りでオンリーワンの印鑑を販売している「印鑑の西野オンライン工房」は、多彩なニーズに対応する商品ラインナップが目を惹きます。

個人や法人用印鑑はもちろん、黒水牛を使用した実印や銀行印のセット販売、販売店が限定される丸印・角印・ゴム印など充実したラインナップが魅力的

印鑑を収納するケースも販売され、個人用や化粧箱仕様など幅広く販売されています。一つのケースでカラーバリエーションも豊富で、利用者に合う商品を選択できます。

またオンラインショップには「100倍楽しむ!はんこ辞典」と呼ばれるコンテンツが存在し、商品を紹介するブログや、実際に購入した利用者の声を聞くことが可能。

イベント情報も頻繁に更新されているので、コンテンツを通じてより印鑑購入に役立つ、楽しんでもらうよう工夫しているオンラインショップです。

西野オンライン工房のメリット・デメリット

メリット

西野オンライン工房は、注文ごとに京都の印影作家として知られる井ノ口清一が紙に手書きで印影デザインを行います。京都に住んでいる人以外は、直接井ノ口清一の手書き印影デザインの印鑑を入手出来ないために、通販サイトとして西野オンライン工房は貴重な存在です。

自宅近くのハンコ屋を訪れても、既成品の印鑑以外は注文となるだけでなく、印影の好みを指定することが出来ません。通販サイトならば、注文を行って待っているだけで届けてもらえるので、自らハンコ屋へ出向かなくても良質な印鑑が手に入ります。

全国から注文を受付出来る通販サイトならば、常に印鑑の注文が入り続けることになるので、1本あたりの単価をさほど上げなくても十分な利益が出るわけです。手仕上げ印鑑を中心に扱うことで、完全手彫り印鑑ほどの高単価にはならず、印影デザイン料を含める程度で済みます。

価格とオリジナリティのバランスが取れた印鑑を手軽に注文出来る所が、西野オンライン工房のメリットといえます。一般的な印鑑をすぐにでも欲しい場合には、通販サイトならではのメニュー構成により、特急仕上げの商品から選択すれば良いので、手書き印影デザインと手仕上げ印鑑の組み合わせと特急仕上げの機械彫りを自由に選択可能です。

デメリット

通販サイトは印鑑の量を販売しなければ一定の利益が出ないので、必ずしも井ノ口清一の印影デザインを使った印鑑のみを取り扱っているわけではありません。特急仕上げ商品と印影デザイン商品の両方が存在していることを明らかにしておけば良いですが、実際に全ての印鑑をチェックする人は少ないので、ごく一般的な印鑑であっても印影デザインされたものと勘違いしやすいです。

手書き印影デザインを施した印鑑と、ごく一般的な印影デザインから機械彫りを行う印鑑のどちらを注文したいのか最初から決めておく必要があります。

西野オンライン工房が取り扱う印鑑には、チタン素材の印鑑も複数存在します。チタン素材は印刀による完全手彫りは不可能であって、印影デザインを基にした金属加工により印鑑は製造されます。細かい微調整と磨き上げを行うことで、機械彫りとは異なるという宣伝を行っているハンコ屋が多いので、通販サイトには機械彫り製品が相当数含まれているために安く提供出来ていると知っておかなければなりません。

1本あたりの単価が低い印鑑を注文する場合には、送料が別途数百円必要となることが多く、送料を無料とするために本来必要ない印鑑まで購入する人が少なくありません。

西野オンライン工房での購入レビュー

初めて車を購入することになったので、車購入に際して必要なものを調べていると、実印を印鑑登録しておかなければならないことが判明しました。

実印を今まで作ったことが無かったものの、自宅の近くにハンコ屋が無かったのでインターネット通販を利用することにしました。どうせなら印影作家の手書き印影デザインによる実印が欲しかったので、西野オンライン工房を利用したわけです。

父が持っていた実印は象牙で作られていましたが、取引が国際的に禁止されているので日本国内では希少性の高さから驚く値段が付いていたので、芯持ち黒水牛印鑑にしました。

京都印影作家の井ノ口清一氏が多忙なために、手書き印影デザインを描く順番待ちが発生していて実際に注文してから実印が納品されたのは、3週間後でしたから早めに注文しておいて良かったです。

一生使う可能性が高いので、16.5mmという太さの印鑑にしたわけですが、実際に届いた印鑑を持つと認印とは異なる重量感を感じます。嬉しくて家族の前で何度も印鑑を押して印影デザインの美しさを堪能しましたが、慣れない間は左右どちらかが薄い印影となってしまいました。

銀行や役所で押す際には、いつも押印は窓口の担当者に任せていたので、今度は自分で練習しなければと思うに至ります。

Q&A

印鑑の掘方は?手彫りに対応しているのか?

西野オンライン工房では、金属加工が必要なチタン印材は機械彫りしかありませんが、他の印鑑は手仕上げ印鑑が中心です。手彫り印鑑と手仕上げ印鑑には違いがあり、手彫り印鑑ならば印刀により荒削りから仕上げまでを行うため、ペンシルと呼ばれる精密ドリルは使いません。

しかし、手仕上げ印鑑は荒削り段階まではペンシルを使って彫り進めて、最後の仕上げのみを印刀により微調整して仕上げるわけです。最小限の労力で次々と印鑑を仕上げられるので、価格を安く抑えつつ印鑑を作るためには手仕上げ印鑑が適切なわけです。

西野オンライン工房では、機械彫りと手仕上げ印鑑を扱っているので、職人による完全手彫り印鑑は扱っていません。納期を早めて多くの印鑑を製作するためには、手仕上げ印鑑の状態で、印影デザインに手書きを加えることが効率的と考えて実行されているわけです。

送料はどうなの?

西野オンライン工房の印鑑は、注文品合計金額が税込み5,400円以上ならば送料と代金引換手数料の両方が無料となります。代金が税込み5,400円未満の場合には、北海道は税込み600円、沖縄は税込み1,260円、その他本州・四国・九州は500円で統一されています。

大半の地域で佐川急便を利用しており、沖縄のみ配送料が高い理由としてヤマト運輸による宅配が行われているからです。

支払い方法と送料の組み合わせにより、無料~1,260円まで幅が広いので、可能な限り送料と代金引換手数料の両方が無料となる税込み5,400円以上の注文を行う必要があります。

西野オンライン工房の口コミ

良かった口コミ

引越しや宅配で最も使用頻度の高いのは印鑑だけど、世界で1つだけの一生涯使える印鑑を作れるなんて知らなかった。とツイートした後に、京都で創業50年手彫り仕上げの工房、と西野オンライン工房を紹介している人がいました。

大ファンですと述べた後、地球上で最強のチタン製印鑑を使っていきたいと書いた人がいました。

印鑑はやっぱり手彫りで一つ、持っていたいものですね。チタン製印鑑は一生モノの印鑑なので、息子にプレゼントしたいなどもありました。

100年使っても大丈夫、と手元に届いた印鑑を大喜びで書いていた人もいます。

手書き文字のチタン製印鑑を実印として是非使いたい、モニターの際には商品の魅力を写真を載せて詳しく紹介したい、と絶賛していた人もいたようです。

印鑑君
チタン製印鑑の名前を挙げている人が沢山いたので、すごいサービスだと感じている証拠だと思います。次に多かったのが、丈夫で長持ちをする良い印鑑だと感じられる意見です。100年使える、一生利用できるので大事にしたい、といった意見で溢れていたため、1回買ったら次はもう必要ないくらい長持ちしてくれる気がします。

悪かった口コミ

結婚記念に買ったのですが、がっかりした結果になりました。もっと字体を太くして、複雑な文字にしたかったのに残念でした。2ヶ月近く待たされましたが、納期に関する連絡は1回しかこなかったため大変不満な対応でした。

間違った文字が刻印されたままの印鑑が手元に届きました。メールを送りましたが返事が全くなかったので、その後に3回送信しましたが応対してもらえなかったです。トラブルが発生すると、全てお客側が負担しなければいけないので面倒です。

相談目的で電話をしたのですが、スタッフの対応が良くなく満足な回答も得ることができなかったです。購入した後、いくら待っても商品が届かなかったので、メールで聞いてみましたが返事はなかったです。商品はサイトで設定した到着時刻より、1週間近く経ってから届きました。

印鑑君
電話をするとスタッフの対応が良くない、中々出てくれないなどの意見が目立っていました。メールを送っても返事を書く間もない時があるようです。これは繁忙期で忙しく動き回っている時に、連絡を入れたのが原因だと思います。
到着した印鑑の文字が良くないと書く人もいましたが、オーダーメイドなので仕方がない面もありそうに見えます。

向いている人・向いていない人について解説

が向いている人

  • 品質のいい印鑑を求めている人
  • 安心の保証付きのものが欲しい人
  • 世界に一つのものを求める人

西野オンライン工房の印鑑は他のところと違い、品質の高さに自信があります。大変丁寧な手書き印鑑で、利用者の喜びの声が多く、印象的です。安い印鑑はソフトを使って作られ似たような印鑑になります。しかし西野オンライン工房の印鑑は手作業で、注文ごとに世界で一つものを作ってくれるのです。またサービス面でも優れていて、破損しても5年間保証付きなので、安心して利用できます。

が向いていない人

  • 値段はなるべく安く済ませたい人
  • 急ぎで注文したい人
西野オンライン工房では手書き印鑑のため、そこそこのお値段がかかります。このため、なるべく安く印鑑を入手したい人にはおすすめできません。またオンライン上での依頼ですので、うまい具合にやりとりはできません。事前に「出来上がりはこうなります」というような報告も何もありませんので、ご注意ください。さらにこちらの印鑑は手書きで作られるため、オーダーをした後できるまでに約2週間~2ヶ月ほどかかります。印鑑の利用をお急ぎの人には向きませんね。

印鑑の西野オンライン工房の評価

印鑑君
印鑑の西野オンライン工房の特徴は、京都に5人しかいない「京の名工」に認定された職人が手掛けた手彫り印鑑を販売する点です。

他販売店ではコンピュータを使用して品質は二の次になってしまう商品が多い中で、時間を掛けて手彫りの印影を制作する手間暇と、実際に職人名が購入者に見えるシステムにより、安心して商品を購入できることも魅力的です。

個人・法人問わず、黒水牛の実印や銀行印のセット販売など、豊富なニーズに対応する商品ラインナップも充実しています。

印鑑を収納するケース販売も行い、多彩なカラーバリエーションから自分に合う商品を選択できるメリットあり。

安心の保証制度もあり、購入代金を全額返金するシステム(購入した日時より1週間有効)や対象印鑑の5年間保証制度など、購入者に対するアフターケアも豊富!

オンラインショップでは、印鑑購入意欲をそそるブログや購入者の声など、充実したコンテンツも人気を集めてユーザーとの距離が近いのが魅力的なハンコ屋さんです

-お店一覧

Copyright© 実際に購入して比較!実印・印鑑通販ランキング! , 2019 All Rights Reserved.