実印Q&A

実印と銀行印の違いと使い方、見間違えないための作成方法まとめ

更新日:

個人で使う印鑑には、大きく分けて3つあります。それが実印と銀行印、認印です。とくに、前者2つは重要なもので、扱いを間違えると金銭的な被害に遭うことがあります。違いや悪用のリスク、作り方などを押さえて、自分の資産を守れるようにしましょう。

実印は自治体で登録するもの、銀行印は銀行で登録するもの

お金にたいする意識が低い方ほど、実印と銀行印を単に「どっちも大切なもの」と曖昧に、そして同じように捉えています。これら2つは効力や用途が明確に違います。

実印

法的な効力を持っており、重要な契約・手続きなどで使われます。印鑑を実印として使うためには印鑑登録が必要で、住んでいる市町村区の役所で登録を行います。

銀行印

各銀行という、実印よりもかぎられた範囲で効力を持っています。銀行口座を開くときに登録する必要があり、窓口で口座情報といっしょに準備することでお金を自由に引き出せるようになります。

最近ではATMが普及しており、窓口を使うことが少なくなっています。しかし、ATMの制限を超える高額の取引では必須です。

反対に、銀行印を悪用されるとお金を抜き出されてしまう恐れがあるということですから、紛失時のリスクは実印に負けず劣らず高いと言って良いでしょう。

銀行印の登録条件は、実印よりも優しい。ものによっては兼用も可

実印と銀行印は印鑑としての種類が違えば、以下のように使える条件も変わります。

実印

名前が住民票と一致している、サイズが規定内、変形しにくいものという他、次のようにさまざまな制約があります。

  • 外枠があること
  • ローマ字でないこと

など

これらは各自治体の条例によって定められています。

銀行印

全国の銀行を束ねる全銀協によると、最低限のルールは以下の2つしかなく、後は各機関でルールが定められています。

  • キャラクターものでないこと
  • 変形しにくいものであること

登録の際は各銀行の規約を確かめる必要があります。しかし、最近では花柄の印鑑が認められるなど、実印にくらべて比較的ルーズな条件になっています。

いずれにおいても、プラスチックなどで大量生産された三文判は登録可能で、シャチハタは不可能です。

基本的に、実印として登録できるものは、だいたいが銀行印としても使えます。そのため、2種類の用途を1つの印鑑で兼用してしまいがちです。

同じ印鑑を使うのは可能でもNG。紛失・盗難時の被害大

印鑑の兼用は絶対に止めましょう。万が一悪用されたときのリスクがとても高く、多大な時間とお金を消費してしまうかもしれません。

その理由が、どちらか一方で悪用されたら、もう一方も不正利用されてしまう可能性が高いため。片方でトラブルが起きたら、両方で紛失届を出し、改印手続きをしなければなりません。これは非常に面倒です。

パソコン関係で「パスワードを使いまわしするな」とはよく言われることですが、実印と銀行印においても同じことが言えるでしょう。

実印と銀行印はどちらもセキュリティ性の高く偽造されにくい印鑑が使われますが、それでも安心はできません。悪用する者がどのような手口で偽造するかは分かりませんし、そもそも本体を盗まれてしまっては意味がありません。

たった1回のミスで取り返しのつかない事態を招かないためにも、それぞれの印鑑は1つずつの用途に絞りましょう。

銀行ごとに印鑑を分ける必要は?メリットや必要なケースまとめ

実印と銀行印を別々で作ることはとても大切ですが、銀行ごとに印鑑を作る必要はありません。次のようなメリットとデメリットがあるため、天秤に掛けて判断しましょう。

  • メリット
  • 上述した盗難や紛失などのケースで活きてきます。悪用されるところが1つにかぎられて、手続きも1ヶ所だけのため簡単です。

  • デメリット
  • 本数が多い分だけ、管理が大変になります。何本も作って、失くしても気づかないようなことがあったら本末転倒です。また、作った分だけコストも掛かります。

一般に、銀行ごとに印鑑を使い分けることはあまり必要ありません。ただし、次のようなケースでは、使い分けることも視野に入れましょう。

  • 子供の口座を作るとき
  • 銀行印は名字だけでも登録できるため、小さな子供の口座を作るときに自分のハンコを使ってしまいがちです。しかし、大きくなって独り立ちしたときに、改印手続きが必要になります。

  • 事業用と個人用で口座を分けるとき
  • プライベート上のミスで事業にまで悪影響を与えることは、ビジネスパーソンとして好ましいことではありません。

6つのポイントで押さえる、安心安全な銀行印の作り方

親の印鑑を借りている、事業用と個人用を分けたい、まだ三文判を使っているなどの方は、ぜひともしっかりとした銀行印を作りましょう。

実印や認印とくらべると、同じところも異なるところもあります。以下を参考に、しっかり登録できるこだわりの印鑑を作ってください。

複製が難しい書体で

書体は捺印したときの印影にダイレクトにかかわる、もっとも重要な部分です。なかには読みやすい隷書体、古印体などで作る方もいますが、可読性が高いと反対に偽造されてしまうリスクが高くなります。

セキュリティ性を高めるためにも、実印でもメジャーな吉相体や篆書体、太枠篆書体などがベターです。

サイズは中間がベスト

銀行印は実印と認印の間ぐらいのサイズで作りましょう。具体的には、男性なら14~15mmぐらい、女性なら11~12mmぐらいになります。

とくに、同じような書体を使うことから、実印と混同してしまいがちです。そうならないよう、実印と銀行印は明らかに違う大きさにしておいたほうが良いでしょう。

丈夫な素材で縁起良く

印面が欠けてしまうと、照会できなくなって改印手続きが必要になります。これ自体面倒ですし、銀行印というお金にかんするものが「欠けて減る」ということは、縁起も悪いとされています。

このことから、材質を選ぶときは見た目の高級さよりも、丈夫さをとことん追求したほうが良いでしょう。とくに、チタンは木や石をベースにした素材とくらべると遥かに丈夫なためおすすめです。

名字や名前だけでもOK

実印では、女性が結婚による改姓を視野に入れて名前だけで作ることがあります。しかし、銀行印については男性でも実践することがあります。

この理由はセキュリティ性を高めるため。名前で印鑑を作ること自体があまりないことから、似たハンコを作られることが減るということです。

銀行によっては柄ものもOK

最近では、印影に花びらなどの柄が入った銀行印も登録できるようになっています。このような印影はおしゃれの他、独自性があることから複製の防止にもなります。

ただし、登録できるかどうかは各銀行によって異なります。場合によってはNGとされることが十分にあるため、かならず各機関の公式サイトや窓口で、登録できる条件を確認してください。

印鑑ケースは専用のものを

誤用を防ぐためにも、実印や認印とは違うケースを使いましょう。とくにネット通販で多いセット販売の場合、同じようなデザインのケースが送られてくることがあります。しかし、これは押し間違いの原因になります。

印鑑ケースは100円のものでも十分機能するため、別で買っておくようにしましょう。

銀行印だけが漏洩してもとくに被害はありませんが、万が一口座情報が同時に漏れていたら、お金を自由に抜き出されてしまいます。また、もし実印と兼用していたら、その被害はさらに大きくなります。

自分の資産を守るためにも、1本しっかりとした銀行印を持つようにしましょう。

-実印Q&A

Copyright© 【おすすめ】実印・印鑑・はんこの通販比較ランキング!相場から安く購入する! , 2017 AllRights Reserved.