実印Q&A

実印とは?認印・銀行印との違いや用途について解説!!

更新日:

実印とは?

ひとりに1本だけと公に認められた印鑑を「実印」と呼びます。印鑑と、役所から発行される「印鑑登録証」のセットで初めて効力を持ちます。大きな買い物をする時に使うため、“大人の証明”というイメージもあります。

余り知られていませんが、実印の形は規定がありません。丸以外にも、四角・だ円でもOKですし三角など変わったスタイルでも認証されます。ただし、文字部分の大きさには規定がありますので、オーダーの際「実印目的」という旨を伝えましょう。

効力の大きな印鑑だけに、犯罪に悪用された場合のリスクも大きくなります。自分の知らないところで自宅や車などの名義を変えられる・転売されるといったトラブルもあります。実印は、普段は持ち歩かずセキュリティーのしっかりした所に保管しておくのが良いでしょう。

実印の効力とは

重要書類のやり取りでは、内容の正確さだけでなく、本人同士が交わしたかどうかをどのように証明するかがポイントになります。実印は、本人が押したことを役所が証明してくれる印鑑です。このお墨付きが得られる点が、他の印鑑にはない最大のメリットと言えます。

実印はどんな時に利用するのか?

実印は、主に以下のようなケースで使います。

  • 不動産取引をするとき
  • 銀行から融資を受けるとき
  • 車を売買するとき
  • となります。それぞれ、契約先の銀行や企業も実印を使い契約を交わします。

    認印・銀行印との違いについて

    「認印でも可」「銀行印を押してください」と書かれているのを見かけたことがあるでしょうか。実は実印含め3種類の印鑑には、それぞれ違った役割があります。違いを知って、押し間違いのないようにしましょう。

    認印(みとめいん)

    伝票・出勤簿・簡単な金銭受取・宅配便の受け取り等、日常で使う印鑑です。本人が確認したことを証明するのが主な目的ですので、苗字のみを彫ったシンプルなものが主流です。大量生産されたもの・スタンプタイプのものでもOKで、手軽に購入することができます。しかし、押した以上はある程度の責任が生まれますので、書類内容をきちんと確認したうえで使うようにしましょう。

    銀行印(ぎんこういん)

    口座開設時に金融機関に登録した印鑑のことです。以前は通帳に印影(印鑑を押した文字)が印刷されていましたが、現在はトラブル防止のため電子チップ内にデータとして埋め込まれることがポピュラーとなっています。銀行での手続き・料金の口座振替申請・クレジットカード作成の際に使い、普段はしまっておくことが多いでしょう。

    どの印鑑で登録したかを忘れてしまうと、手続きが大幅に遅れますので注意が必要です。また、複数機関で同じ銀行員を登録したり、認印と併用する方もいますが、これは犯罪トラブルなどに巻き込まれやすい使い方です。各種使い分けをしましょう。

    実印の犯罪・悪用について

    実印は重要な身分証明のツールですが、コンパクトで持ち運びやすい点が気がかりです。無くす・盗まれるというリスクに気が付きにくく、不安や心配から持つことに抵抗がある方は多いでしょう。

    確かにトラブルは実際にありますし、大きな犯罪に巻き込まれる可能性もあります。しかし、予防策や対処法もしっかりと確立されています。知識をしっかりと持っておけば、不安になりすぎず、実印のメリットを生かした契約がスムーズに結べるでしょう。

    考えられる犯罪・悪用例

    トラブルの中で最も恐ろしいのは、実印を使った文書の偽造です。本人が知らないうちに捺印が済まされ、思わぬ金額を請求された・所有物が勝手に転売されたなどのケースもあります。今後起こりうるリスクとして、具体的に知っておきましょう。

    【実印にまつわる、本当にあった怖ろしい被害】
    • 妻が夫の実印を利用し、夫名義で多額のローンを組んだ
    • 知らないうちに借金の連帯保証人になっていた
    • 自宅の名義を勝手に変えられた
    • 海外渡航中に車を知人に預けたら、そのまま転売された

    これらは全て、実印や印鑑登録証を誰でも手にとれる場所に保管していたために起きたトラブルです。たとえ犯人が捕まっても、売られたものが返ってこない、借金だけが手元に残るという場合さえあり、本人にとってのダメージは計り知れません。

    予防策や対策

    上にまとめた被害は、本人のちょっとした工夫・対策で防ぐことができます。何も起こっていないうちは手間に感じるものですが、犯罪・トラブルに遭ってからのことを考え事前に準備しておきましょう。

    印鑑登録は、使う機会ごとに

    個人で事業をしている方、日ごろから実印を使う機会がある方を除いては、印鑑登録をしないでおくというのが最も基本的で効果があります。登録申請は、本人が平日に役所に行くことができれば10分程度で完了し、当日から利用できます。目的が決まってからの登録で充分に間に合います

    手続き完了後は廃印にする

    登録を消去することを「廃印」といいます。これも役所で簡単に手続きできます。印鑑のトラブルで多いのは、ずっと使っていなかったのでどこにしまったか分からない、登録証をなくしたというものです。手続き等が済んだら、登録を消しておけばこのような心配もありません。

    定期的に登録印を変更する

    デイリーに使用する方も、1~2年に1度程度のペースで登録した印鑑を変えることをお勧めします。万が一使っている印鑑が悪用されても、登録が変更されればその時点で旧実印は無効になります。その年の干支など縁起物をあしらって毎年作れば、手間ばかりでなく楽しみにもなりそうです。

    実印の歴史

    日本で最古の印鑑は、現在の北九州地方で発見された「漢倭奴国王」と彫られた金印です。中国(当時の漢)から日本(当時の倭)へ送られたものとして知られています。これをきっかけに、日本国内でも公的な書類に印を押す習慣が伝わり、平安・鎌倉時代には多くの印が作られたと言われています。

    一般市民が個人の印を持つようになったのは、明治以降とされています。これは、だれでも苗字を持つようになり、個人間の契約が増えたという時代背景があったためと考えられます。これ以降、日本人にとって印鑑は生活のさまざまなシーンに密着した必需品となっています。

    -実印Q&A

    Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.