実印・印鑑の素材一覧

象牙素材の相場から最安値の実印・印鑑ショップを探す

更新日:

象牙

高級素材として、数々の品に使われている象牙ですが、もちろん、ハンコ素材としても最適であり最高級なものです。古来より、大切な印鑑には最も愛用されている素材ですが、過去の乱獲により、象の個体数が激減し、現在では、その取引は国際条約で厳しく規定されている希少価値の高いものとなっています。日本でも、届け出業者のみが象牙取引を許可されており、象牙の取引記録を提出する義務があります。

乳白色に近い、独特な象牙色の素材は、使えば使うほど光沢が出て、美しさを増していきます。摩耗にもとても強く、一度作れば一生ものとなるほどの、最高の品質を持っています。多くの印材の中では、最も朱肉の乗りが良く、独特の押し味があり、印影もしっかりしていますので、非常に実用的です。

一口に象牙といっても、象牙の中心に近づくほど、キメは細やかになり固くなります。中心近くを使ったものを芯持ちといい、これは、キメの細やかさ、強度ともに最高級品となります。まさに一生もののハンコを作るのであれば、芯持ちを使ったものがお勧めです。
また、芯持ちでなくとも、中皮層周辺まではキメは少々細かくなくなりますが、実用的には遜色のない高級なものが仕上がります。

希少価値も高く、耐久力もあり、実用性も高いため、実印などの大切な印鑑には最適な素材です。

高級実印として、個人・法人問わず人気の印材が象牙です。文字通り象の牙使ったもので、古くからはんこの素材として親しまれ続けていました。

しかし、単に「象牙だから」と言って作成すると、あとで後悔してしまうかもしれません。象牙のなかにも種類があり、捺印性や耐久性、価格が大きく変わるためです。

高級素材の象牙実印で使われる、2つの名称とは

象牙の種類は、「牙のどこを、どのように使うか」で決まります。とくに、実印作成においてよく出てくるものは以下の2つです。

象牙の中心を使った芯持ちは、捺印性も耐久性もバツグン

象牙は、牙の中心に近付くほど高級になります。これは、外側よりも内側のほうが、キメが細かくなり固くなるから。印鑑として使うときも、ザラザラしないから朱肉がきれいに乗り、また金属であるチタンには劣るものの欠けにくくなります。

そして、牙の中心にある芯の部分を素材としたものが「芯持ち」です。印影の美しさと耐久性、どちらを取っても最高の品質を誇ります。

もちろん、象牙の芯はとても貴重ですから、それだけ価格も高くなります。18mmを超えるサイズで手掘りの実印ともなると、1本で10万円以上掛かることも珍しくはありません。

横方向に切り出した日輪は、象牙のなかでも極上

通常、象牙から印鑑を作るときは、牙が伸びる方向にたいして水平に切り出します。切り出しや彫りなどの加工全般が簡単で、耐久性も高い方法だからです。

しかし、あえて垂直に切り出すことも。これが「横目」もしくは「日輪」と呼ばれるものです。とくに芯持ちの横目ともなると、印材に日輪の模様が浮かび上がり、非常に美しい印鑑になります。

ただし、通常の芯持ちを超えるほどの極上品で、さらに印面が芯から離れるため耐久性で劣ります。正しく管理できて、かつ最高の実印が欲しいこだわり派の方におすすめの素材です。

象牙実印は手入れをしっかりできる方におすすめ

象牙は芯持ちや日輪でなくても高級品です。牙の外側に向かうほどキメがやや荒くなり、耐久性に難が出てきますが、それでも並の素材よりずっと高い質を誇ります。

そのような素材ですから、使い捨てる気持ちで使ってはもったいないことです。欠けないようにケースに入れて保存する、ときどき汚れを落として手入れする、掘り直しして銀行印や認印として使いまわすなど、長く使っていける工夫を心掛けたいですね。

偽物との見分けが付かないからこそ、信頼できる実印販売サイトで

高級素材の象牙は、偽物が多く出回っています。とくに多いのは、プラスチックを使った練り物と、動物の骨を使ったものです。

模様の付き方や割れ方などが違うため、専門家であれば見分けが付きます。しかし、普通の方ではそう簡単に見分けられるものではありません。そもそも、ネット通販で買ってしまったら到着まで現物を見られません。

そのため、もっとも大切なことは、本物か偽物かを見分けることではありません。そもそも偽物を販売しない、信頼できるところで購入するということです。

象牙はワシントン条約で買取禁止中、なくなる前に購入を!

象牙はいつ入手できなくなるか分からない、非常に希少性の高い印材です。その理由が、乱獲によって数が激減してしまい、ワシントン条約で国際感の取引が禁止されてしまっているため。

その後1度だけ、「在庫を抱えてどうしようもないから」という理由で日本が産出国から買取することがありました。

つまり、現在販売されている象牙はリアルタイムで輸入しているわけではなく、日本が買い込んだものを小出しにしているということです。

いつ販売が中止になってしまうか分からない象牙。高級品である芯持ちや日輪であればなおさら安心できません。

最高級品の実印が欲しいと思っている方は、「会社が大きくなってから」「自分が大成してから」なんて待っているうちになくなってしまったら大変です。欲しいと思っている今こそ、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

象牙素材が一番安いハンコ屋さんはここ!!

大きさ ハンコマン Inkans.com ハンコヤドットコム

13.5mm

×

×

16,400円

15.0mm

14,220円

×

19,400円

16.5mm

17,000円

×

22,400円

18.0mm

19,880円

×

25,400円

印鑑君

象牙素材が安いショップはハンコマン
象牙素材の口コミ・評判一覧
総合満足度: 3 / 5点 口コミ: 4
評価:

象牙素材は朱肉の馴染み方が他の印鑑よりも圧倒的に良いですね。最初は高級素材で作られている、という点に期待していましたが、今では朱肉の良さが一番気に入っています。もちろん手触りなど、全てにおいて満足しているし象牙素材はオススメです。

匿名さん 40代

意外と安いです 評価:

チタン素材の印鑑も持っていますが、象牙素材はチタンと同じくらいに高い耐久性があると思います。肌触りも良いし、意外と安く手に入るものが多くコストパフォーマンスは良いし、これからも使い続けたいです。

山本さん 千葉県 / 50代以上

最高級? 評価:

象牙素材は最高級の素材を使っていると聞きましたけど、自分が買った印鑑はすぐにひび割れを起こしました。どうやら象牙を使った印鑑は安い物と高い物で落差が激しいらしく、象牙だからってどの印鑑も優れている訳ではないのですね。値段によっては耐久性が足りていない印鑑もあるんだなぁって少し残念に思いました。

あらたさん 30代

残念・・・ 評価:

象牙の印鑑はとにかく使っている象牙素材によって仕上がりが大きく変わるのが問題。自分が買った物は質感もあまり良くなかったので残念に思った。

剛GO!さん 30代

象牙素材の総評

印鑑君
象牙素材の印鑑は全ての面において優れており、耐久性や朱肉の出来が良いようです。しかし物によって出来に落差がある、という点については注意するべきでしょうね。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 実印・印鑑通販ランキング!相場から安いショップを探す! , 2017 AllRights Reserved.