実印・印鑑の素材一覧

【実印・印鑑通販サイト比較】象牙素材を最安値で購入する

更新日:

象牙素材の特徴とは?

象牙

高級素材として、数々の品に使われている象牙ですが、もちろん、ハンコ素材としても最適であり最高級なものです。古来より、大切な印鑑には最も愛用されている素材ですが、過去の乱獲により、象の個体数が激減し、現在では、その取引は国際条約で厳しく規定されている希少価値の高いものとなっています。日本でも、届け出業者のみが象牙取引を許可されており、象牙の取引記録を提出する義務があります。

乳白色に近い、独特な象牙色の素材は、使えば使うほど光沢が出て、美しさを増していきます。摩耗にもとても強く、一度作れば一生ものとなるほどの、最高の品質を持っています。多くの印材の中では、最も朱肉の乗りが良く、独特の押し味があり、印影もしっかりしていますので、非常に実用的です。

一口に象牙といっても、象牙の中心に近づくほど、キメは細やかになり固くなります。中心近くを使ったものを芯持ちといい、これは、キメの細やかさ、強度ともに最高級品となります。まさに一生もののハンコを作るのであれば、芯持ちを使ったものがお勧めです。
また、芯持ちでなくとも、中皮層周辺まではキメは少々細かくなくなりますが、実用的には遜色のない高級なものが仕上がります。

希少価値も高く、耐久力もあり、実用性も高いため、実印などの大切な印鑑には最適な素材です。

高級実印として、個人・法人問わず人気の印材が象牙です。文字通り象の牙使ったもので、古くからはんこの素材として親しまれ続けていました。

しかし、単に「象牙だから」と言って作成すると、あとで後悔してしまうかもしれません。象牙のなかにも種類があり、捺印性や耐久性、価格が大きく変わるためです。

象牙の特徴

耐久性がいい

印鑑の王様といわれるほど有名な象牙の一番の特徴といえば耐久性がとても高いということがあげられます。1つ購入すれば余裕で一生使える、もっと言えば孫の世代まで使えるほどしっかり頑丈な素材になります。象牙とは文字の通り象の牙になるのですが、古くはそれを切り出してはその硬さからナイフのような刃物を作ったりもしていたそうです。

また密度が高いので切り出しやすく頑丈なことから工芸品として使われることも多くありました。密度が高いため落下させた時にピンポイントへの瞬間的な力がかかるような場面では最近人工物に軍配が上がりますが、天然のものの中では非常に硬く折れたりしにくいです。

またその頑丈さの理由の1つに、象牙の保湿性があげられます。特別こちらが湿度管理などをせずとも象牙自身が自動的に空気中の水分を吸収したり潤ったらそれ以上含まないようにしたりと調整をしてくれるので、木のように必要以上に水分を吸って歪んでしまうこともなく、乾燥する場所でもできるだけ空気中の水分を取り入れようとしてくれます。

印鑑に向いた材質

耐久性のところでも上げましたが、象牙の印鑑には象牙自身の保湿力により適度な湿度が保たれている状態をキープしやすいメリットがありました。そんな耐久性のいい象牙が、こと印鑑になると非常によく使われている理由として、捺印性が非常に高い点があげられます。

これは先程の象牙自体の保湿力の良さと、象牙のキメの細かい性質が相まって朱肉が付きやすく、更に印鑑自体の適度な水分により朱肉が離れやすく綺麗な捺印を押しやすくなっています。朱肉がたくさん付きやすい材質ですと、細かな文字はどうしてもインクが滲んで潰れて押されてしまいますが、象牙はそういったことが起こりにくくなっているということです。

また、象牙自体のキメの細かさから摩擦が起きやすいというのも印鑑に向いている要因の一つです。摩擦が少ない素材の場合は押印時に滑ったりブレたりしやすくなりますが、象牙は適度な摩擦が発生するため滑りにくく押しやすくなっています。手にも馴染みやすく力を入れやすいということも印鑑に向いた材質だと言えます。

高級感がある

象牙が印鑑向きの素材であるだけではこんなに有名にはならなかったかもしれません。印鑑と聞けば象牙を連想させるほど印象づいたのは、やはりその高級感からです。象の牙から作られているため、現在は取り扱いすらしていないお店も多くなってしまいました。人工物の印鑑と比べて天然の素材になるので価格も高く、非常に高級感があります。

また、ただ高いというだけではなく、真っ白でもなく黄色でもないベージュに近い独特の色合いと朱肉の朱のコントラストが縁起がいいともいわれています。一言で象牙といっても1つの牙のどの部分で作られたかによって価値がかなり変わってくるのも特徴です。材質的には中央にいくほどキメが細かく耐久性に優れているので価値があがります。

そして象牙の印鑑の最大の特徴でもあるのが日輪というタイプの印鑑になります。通常象牙から印鑑を作る場合は牙に対して平行にして作るため色ムラのない淡い白一色の印鑑になるのですが、日輪の場合は牙に対して垂直に中央の部分で作るため木の年輪のような日輪が印鑑に表れます。

黒檀のメリット・デメリット

メリット

ワシントン条約による象の保護などの影響もあり入手経路が限られているため非常に希少価値が高く、そのため価値が非常に高いです。天然の素材になるので一つとして同じものがないという意味でのレアリティもあります。象牙自体の流通量も年々減っていることから価値は今後どんどんあがっていくものだと思われます。

印鑑としての使いやすさも抜群で、手に馴染みやすいため力をかけやすく、くっきりとした捺印が押しやすくなっています。密度が高く保湿力もあるためひび割れが起こったりすることも少なく耐久性も抜群で、更に使うほど朱肉が象牙に馴染んでいき綺麗な押印ができるようになるともいわれています。象牙自体の保湿力や密度の高さもあり、天然の素材ながら保存に気を使わずに済むのも象牙のメリットで、また手入れも簡単で濡れた付近で拭いてから乾いた布で水分を拭いてあげる程度で十分です。

デメリット

やはりその希少価値からくる価格の高さが一番のデメリットです。象牙自体の流通量が限られていることから外皮層のみの取り扱いというお店も少なくなく、それでも他の素材よりは比較的高価で、中心層の印鑑になると更に値段も高価になります。そして象牙の印鑑の中でも特に日輪は高価で1つ10万円以上の価格になっている場合も多く、入手が限られている象牙を贅沢に使っている印鑑になるので取り扱いのあるお店自体も少ないです。
またワシントン条約の取り決めによって国際的な象牙の取引が禁止されているだけでなく、象牙自体が野生動植物保護の観点から特に海外ではあまりいいものとみられない場合もあります。更に動物愛護の面から、象牙を目的として象を繁殖させることを批判する声などもあり、今後今以上に象牙が出回る期待も薄いことから価格も下がりづらく、価値が落ちないというメリットはありますがそれが同時にデメリットにもなっています。

象牙はこんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 一生使える印鑑を探している人
  • 高級志向の人
  • 印鑑を使う機会の多い人
印鑑君
まずはその耐久性の高さから一生使える印鑑を探している人にはとても向いているといえます。金属などではないので錆びたりもせずに象牙自体の保湿力からメンテナンスも用意に行えるので長く使っていきやすいです。

次にレアリティの高さから高級志向の人にも向いています。他にも高価な素材を使った印鑑もありますが、ワシントン条約により今後更に価値が高くなることを考えると印鑑の中でも象牙はトップクラスに高級で今後価値もあがっていくものと思われます。

そして非常に使いやすく、何度押しても綺麗な捺印を押せることから印鑑を使う機会の多い人にも向いています。価格が高くとも使用頻度も高ければ自然とコストパフォーマンスも高くなります。

象牙素材の値段相場表!一番安い通販サイトはハンコマン

大きさハンコマンInkans.comハンコヤドットコム

13.5mm

×

×

16,400円

15.0mm

14,220円

×

19,400円

16.5mm

17,000円

×

22,400円

18.0mm

19,880円

×

25,400円

印鑑君
象牙素材が安いショップはハンコマン

象牙素材の総評

印鑑君
象牙素材の印鑑は全ての面において優れており、耐久性や朱肉の出来が良いようです。しかし物によって出来に落差がある、という点については注意するべきでしょうね。

-実印・印鑑の素材一覧

Copyright© 【2018年】印鑑・実印おすすめネット通販サイトランキング , 2018 All Rights Reserved.